人気ブログランキング |

Saty's Press No.Ф on weblog

インフォメーション
ギルド
1st オリジナル無声映像作品
「人形劇ギルド」
2006.9.20 on sale
TFBQ-18066/¥2,500(tax in)
この商品を購入する
PV視聴
「ギルド」
※45秒視聴
PLAY
PLAy
リンク
オフィシャルサイト
レーベルサイト
アーティストデータ
 

カテゴリ:music( 396 )

『aurora arc』BUMP OF CHICKEN #auroraarc #BUMPOFCHICKEN

e0107539_21121422.jpg
ああ、やっぱ、バンプだなあ。

昨日フラゲしてきて、作業仕事中にもう何度かリピートしてるけど。
今さらながらびっくりするほどタイアップ曲も多くて既に耳に馴染んでるものも多いけど。

けど。

アルバムトータルで聴いて浮かび上がってくる世界観みたいなのもあって。
思考が吸い取られていくような、それは心地良くもあるんだけど、そんな刺激を藤くんの声からバンプの歌から感じられて、たまらない。

1曲ずつの感想とかは、なんか自分の中では必要なく思ってて、それでも1曲ずつの素敵さは必ずあって、なんかうまく言えないけど、自分の中のバンプはそれでいいと思ってる。
あたしの中のバンプは、藤くんでありチャマでありホセであり升であり、それでいい、それがいい。

今、仕事しながら聴いてて、この案件どうしよっかなアイデア浮かばないな、って思いながらしばらく耳もアタマも藤くんの声とバンプの音に埋もれさせてたら、ふっ、てアイデア浮かんで試してみることに。

そんなチカラが、バンプには、ある。
相変わらず、名作だな。

9月の京セラドームの2days、10月のZepp Osaka Baysideの2days、どっちも片方ずつだけだけど、生のバンプに埋もれてくるよ。
あー!楽しみだー!!

by Satys_Press | 2019-07-10 21:49 | music | Trackback | Comments(0)

THE BAWDIES NEW STEPS, NEW GROOVES TOUR 2019 atなんばHatch #bawdies

あーもーめっちゃめちゃ楽し過ぎたー!

…心地よい疲労感と満足感とで、ガッツリ寝落ちしましたが、何か?

さて。
新曲を含めた今回のツアー、ようやくの大阪で、もうファイナル。

ここんとこのオイラのBAWDIES運はラッキーが続いてて、今回も最前列を狙える整理番号で。
なんとかギリギリ、JIMちゃん側の端っこだけど最前列をゲット。友達が一緒だったからロッカーに荷物入れるのと場所キープとを分担できて、助かった!ありがとー!

んで。
「LET'S GO BACK」でライヴはスタート。JIMのギターの音がハイワットのギターアンプからも直接聞こえてくる!

最初のMCタイム、ROYからじゃなくいきなりMARCYから「今日はどうもありがとうございます、ファイナル、大阪ー!」とかって!「いやいや、ここは、俺が最初にしゃべるのが…」ってROYが遮りかけたらTAXMANがしゃべり始めて、今度こそROYと思いきや次はJIMが…のはずが「俺もROYくんにかぶせて何か話そうと思ったんだけど、何も浮かばないー!」とかって笑ってて、「何よ、決まってるみたいに言わないの!」ってROYのスネスネ顔、きゃっはー!

あ、そういや今回は一度もROY坊ちゃんからお返事いただけなかったわ、残念。

このツアーは、まだレコーディングしてない、場合によっては「今日がファイナルだから、皆さんの反応によっては、もう二度と聴けないかもしれない」(by ROY)とかっていう新曲も披露して。
その1曲目は「I'm your home」、ROYのパパの顔が垣間見られるような、スウィートなロックンロールで。
順番は続けてじゃないけど、2つ目に演った「She is my rock'n roll」には、ガレージロックの雰囲気を感じたり。
あともう1曲の「blues god」は、なんかこの感じ何だっけって聴きながら考えてて浮かんだのが、マニックストリートプリーチャーズ。よう知らんけど。

あ、「HAPPY RAYS」に、なんかね、ROYの娘ちゃんへの愛みたいなのを感じたりした。

モグモグHOTDOG劇場は、第5話にして最終回(たぶん)。卓子ちゃんカワイ過ぎ!ソーダセージくん無駄にイケメン過ぎ!マスタードMARCY、カンペ読みつつナイスキャラ!JIMちゃんもゲラゲラ笑いながら見てて、でも最後のシメをキッチリと!あー、面白かったー、ヒューヒューいっぱい言い倒したー!

あ、細かいセトリは、東京公演のライヴレポ【→THE BAWDIES 新曲初披露ツアー完走につき、4公演目のZepp DiverCity公演をネタバレ全開でレポート | SPICE - エンタメ特化型情報メディア スパイスがありますゆえ。
ちなみに、このレポの最後らへんのネタのやつ、ROYの親父さんが2階席から腕組んで見てたらしく、いつもはライヴの後必ず楽屋に来るのに、この日は来なかったそうな。あああ。
シンデレラROYも、おそうじオバチャンならぬおそうじオジサンなROYも、サイコーでしたけどな、ぐわははは。

でね。でね。MARCYさんですよ。
ちょうどドラムプレイがしっかり見えてさ。ほら、こないだムタさんのドラムレクチャー【→コチラ】受けてから初めて生でちゃんと見るドラマーだったから思わずガン見しちゃってたんだけどもさ。
肩が全然上がってない!!すごい!!!
あの細い身体で、あのステージをやり切る秘訣は、そこにあったのかー!
ウチの妖精さん、伊達に妖精ぢゃなかったわー。

まあそんなワケで、めっちゃめちゃ楽しかったのですよ!

あ!ラストのわっしょいはね!TAXMAN大将が、ちゃんと出来たら大阪の定番にしたいよね、って。
普通は、用意はいいかー!イェーイ!のトコを、用意はええかー!ええで(ええよ)ー!
行くぞー!イェーイ!を、行くでー!行こかー!
それから、せーの!わっしょーい!!!って。

あーもー、しつこいけど、ほんっとに楽しかったぁぁぁー!!!

さあさあ、仕事がんばれおれ!
e0107539_10051248.jpg




by Satys_Press | 2019-07-08 10:10 | music | Trackback | Comments(0)

個人練習。

こないだのムタさんのドラムレッスン【→コチラ】に影響されて、近所(仕事場から徒歩3分!)のスタジオで個人練習してきたのです、ええ。

1時間って、始めてすぐは長く感じて、半分超えたら短く感じる、不思議な時間。
でも、これぐらいがちょうどいいように思ったなあ。30分では思うような練習がしきれないし、1時間半以上ではまだカラダの使い方が出来てないから痛くなる…。
ハイ、今、見事に首の後ろから肩にかけてが筋肉痛です、ううう。

こないだムタさんに教えてもらったことを思い出しながらやるんだけど、その通りに出来た!って思えるのは10分の1とか20分の1程度でしかなくて。
叩きながら、あーでもないこーでもないと考えながら、また叩き。
今日はまずはスネアの叩き方を意識して、って思ってたけど、なかなか定まらないんだよなあ。

で、勢いで、ムタさんのオンラインサロン「イマカラダ」のメンバーが入ってる「ドラム稽古場」に入れてもらって専用のコーナーも作ってもらって動画なんかも載せてみたりさせてもらって。はぁぁドキドキ、いやモキモキ(謎)

とりあえず、せっかくスタジオの会員にもなったことだし、月に1回以上は個人練習して頑張ってみようかな、と。
あ、別に何も目指してませんよ(爆)
っつか、5年前にメンテしたまんま放置したまんまのmyベースを弾けるようにしたい…←
e0107539_17181833.jpg
とゆーわけで、仕事に戻りますー。え?

by Satys_Press | 2019-06-28 17:21 | music | Trackback | Comments(0)

光永光&東京HARD BLOW #光永光 #牟田昌広

さて昨日のつづき。

ムタ先生のドラムレッスンの後、先生の模範演奏を。

…って別にそーゆーワケでもなく、一度観てみたかった光永光さんと亜無亜危異の藤沼さんと元ストラマーズのナカズさんとムタさんの、バンド。
余談だけど、ムタさんによると光永さんって苗字はかなり珍しいらしく。…え、あたし、友達にいるよ?

ストレートなパンクロック、あー、好きだー!
それに、ビーツでは絶対に自分では撮れないムタさんのプレイ動画が撮れた!もっと撮っときゃ良かったー、って思ってももう後の祭り、19秒ほどの動画をニヤニヤしながら繰り返し観てマス(爆)

あ、あと「WHITE RIOT」も好き。

で、やっぱりムタさんのドラムが大好きだな、と。
もちろん他にも好きなドラマーはいっぱいいるし、何がどうとか具体的なコトはわかんなくてただただ感覚ででしかないんだけど、うん。
e0107539_23223853.jpg
ちょっとしばらく(いや、また、ですが)ムタさんのドラムに影響受けまくりたいと思います(超爆)

あ、いや、早く帰って、ラジハ特別編も見たいし(ボイさーーーん!!!(「゚Д゚)「ガウガウ )、SKY-HIのライヴも見たいんだけど!あぁう!
仕事、終われー!(終わらせろ、おれ)

by Satys_Press | 2019-06-24 23:45 | music | Trackback | Comments(0)

ドラムレッスン!

なんと!
ご縁ありまして、ストリートビーツその他諸々のドラマーである牟田昌広さんに、マンツーマンのレッスンをしていただくことになり!!
20数年ぶりにドラム叩きました…!!!

心斎橋のスタジオパズル、ってとこで。
…あれ?ココ、昔は中古レコード屋だったよね…?

たった1時間、たかが1時間、されど1時間!
ひたすらにエイトビートの…いや、スネアとハットとバスドラの叩く練習。でも、これまでちゃんと習ったことなんかなかったし、大学時代に見よう見まねで遊びで叩かせてもらってただけだし。
身体がゆがんでる、肩が上がり過ぎてる、力抜いて、手首じゃなく腕から、重力に任せて、しっかり手を下げる、足に触れる位置まで意識して、肩甲骨!etc.
真似をするだけ、って言われて、真似してるつもりでも、どこか自分の変なクセが出てたりして。
いやぁ…これは継続して習いたいですよ…。

バンドやってるワケじゃないし、ホント申し訳ないくらい、ただただドラム叩きてぇー!って衝動だけで、付き合っていただいたのですが。
ある意味、茶道に通ずるよーなものなんかも感じてみたりなんかしながら、あー、すっごく楽しかったですー!!
ムタさん、どうもありがとうございました!!!
e0107539_20410538.jpg
さて、久々にミナミをうろちょろして迷子一歩手前になりつつ、野暮用ひと仕事終えたので、ムタさんのビーツじゃないバンドのライヴを観せていただきますねー!

あ、いや、帰ってからもまだ仕事は残ってんだけどね…(いつものこと)


by Satys_Press | 2019-06-23 20:49 | music | Trackback | Comments(0)

THE STREET BEATS 結成35周年ANNIVERSARY TOUR "ALL TIME BEATS" at 神戸 太陽と虎 #THESTREETBEATS

今日はタイトラ!
タイトラで観るビーツはこれで3回目。
ほどよい小屋のサイズ感、フロアもアツイ。定番のSEが流れ始めたら、もう湧き上がるビーツコール。

「サンクチュアリ」でスタート。ずっと聴きたかったナンバー、やっと聴けた!
今日はSEIZIの誕生日!ってんで、SEIZIボーカルのナンバーはもちろん、OKIボーカルでもSEIZI作曲とか共同制作とかを、たくさん!

あんちゃんは変態チックとか思いもよらんところからパンチがふってくるとかって言いよったがけど、そうなんよ、せいちゃんの作るメロディはちょっと捻りが効いててリズムもワンパターンじゃない。あんちゃんのは、がっつりストレートじゃけどね、そこでビーツ2人のメロディメーカーのバランスが取れてて面白いんじゃ。
曲作りの時に、2人でスタジオ入ったらSEIZIはドラムセットに座ってリズムパターンから考えたりして、OKIがギター鳴らして、って聞いて、なるほどなって思った。(30年近くファンですが知らんかったですー…)

セトリはちゃんと覚えとらんけぇ割愛するけど。
アンコール1曲目に「I WANNA CHANGE」、あああ、なんだかんだでこれも全然聴けんかったやつ、やっと聴けたー!ビーツがきっかけで見た映画「クローズZERO」だけど、後から、遊木康剛さんとか安田桃太郎さんとか渡部龍平くんとかのつながりも分かったりして、ホントいろんな意味で大事な作品だからね、今さらもうビーツには関係ないのかもしんないけど、自分としてはすごく大事なナンバーなのよ。

あ、ビーツコールはね、オープニング前にも思った通り、今回はアンコール、ダブルアンコールともに、オイラからじゃなく始まったよ。
あとはひたすら途切れないようにするコト、そこに気を付けるのが今回はオイラの役目だ、って勝手に思ってた。

あー、やっぱり今回も、ビーツは楽しかった!
改めてムタさんのドラミングが大好きだって思ったし、SEIZIとOKIのキズナとかも再確認したし(それはあんちゃんもそうだったみたいよね)、山根さんのベースと煽りが今のビーツには必要なんだと思ったし。
あと、そうそう、あんちゃん意外とダジャレ好き(爆) 「明日の京都は、今日とは違う…」って言って自分でウケてた(爆)

そんなこんなで、今回もチケットの取り置きをお願いしてたムタさんに、終演後にご挨拶させていただき。お疲れのところをいつもすみません、ありがとうございます、大好き!!!←ごまかした
今回は忘れずに写真も、ビーツのライヴで知り合いになった淡路島からの親子さんに撮ってもらった!ありがとうございました!
e0107539_22104237.jpg
さて、今日は昼間にまた別のコトがあったんだけども、それは明日にしようかな。ん。

by Satys_Press | 2019-06-08 23:03 | music | Trackback | Comments(0)

話をしよう。 #SKYHI

案の定、こないだ【→コチラ】からずっと、頭ん中ではSKY-HIの歌声がずっと、鳴ってる状態で。

で、気付いたんだ、「フリージア」でも「Chit-Chit-Chat」でも、歌われているコトバ。

ああ、そうか、そうだ、話がしたかったんだ、あたし。

今日は久しぶりに(うん、やっぱ、昨年の12月以来だったよ)友達と会って。
いっぱい、話した。
いっぱい聞いてもらって、いっぱい答えてもらって。
そう、応えてもらえるってコトが、さらに必要なんだよ。

SKY-HIの言う「話をしよう。」ってのも、一方的なものじゃなくて、双方向的なものなはず。
オイラの勝手な憶測でいえば、話を聞いてもらえなかった過去を持ってるからこそ、滲み出てくる「話をしよう。」って気持ちと言葉、なんだと思う。

ありがとう、大事な友達。
キミがいるから、生きていられる。
たぶん。
e0107539_23544399.jpg
So, I'm Already one of FLYERS.



by Satys_Press | 2019-05-29 23:58 | music | Trackback | Comments(0)

東京スカパラダイスオーケストラ「Traveling Ska JAMboree」ゲスト:SKY-HI #SKYHI #東スカ #スカパラ #travelingSKAJAMboree

東京スカパラダイスオーケストラを「東スカ」って呼ぶ人、この指とーまれっ!

こんなに楽しみ過ぎて仕方ないライヴは、ごめん、ちょっと久しぶりだったんだ。
とりあえず、初、ってのは、それだけでワクワクして。
予習復讐逆襲はふだんほとんどしないオイラが、予習しまくったんだからな、太陽神SKY-HI!暑いっっ!←

そもそもスカは自分の血肉にすでになってるモノで、だからほとんど心配なく遊べる踊れるってのがあるんだけどさ。
でも、ラップは、T-Pistonz+KMCのケムちゃんくらい?って感じだし。だいいちSKY-HIも、どっちかってーとAAAのだっちゃんとしては何度か観てるけど、そんだけなんだもん。

まあ、もっちが昨年のTOUR Marble the Worldに行ってて、良かったとは聞いてたしね。でもまさか自分がココまで興味持っちゃうとは予想してなかったよ、SKY-HI。
まあ、そんなワケなんで、今日のオイラはFLYERSとして殴り込みデス、あはは。

あ、そういや與さん【→コチラ】は例のコト謝罪したけど…だっちゃんはしなさそうよね、うん、それでいいんじゃないかな。

さて。

まずは東スカから!ゲストはあくまでゲスト、オープニングアクトじゃない、ってことだよな、この心意気が素晴らしい。
これまでのヒットソングだけじゃなく、とにかくとにかくスカって素晴らしい!楽しい!ハッピー!ってのを満喫して。「Paradise has no border」が始まったから、流れでSKY-HI呼び込む?って思ったら、通常通り(?)のスカパラのみで。
そしていったんはけてセットチェンジからの、SKY-HIコーナー。DJのみ。

「As a Sugar」から「フリージア」(PrologueとEpilogueのミックス)「Name Tag」「何様」そして「Walking on Water」とミクスチャーサウンドと高速ラップで畳み込む。ちょっと緊張してる?って感じちゃうほどの気負いと気迫。
でも「怖い人かと思わせといて。あ、どうも、SKY-HIです!」とかってMC。からの「Double Down」。あのね、ちょっとヤラレましたよ。後半をNIRVANAの「SMELLS LIKE TEEN SPIRIT」のトラックに乗せて。それがまた面白いくらいに見事にmatchしてて、興奮で1人で跳ねまくってしまったよ。だっちゃんがツイートしてたチャレンジのひとつ、だったんかしら。「Snatchaway」も冒頭、クラシカルなサウンドで(これも何か他のトラックみたいね)リリックは2コーラス目で、それでスナチャって分かるっていう、これもまたチャレンジなスタートで。オイラはスナチャのイントロのベースラインが大好物なので(ホントはそれを生ベースで聴きたかった)それもびびったわ。
「Seaside Bound」は、「俺のファン、お手本を見せてくれ!」って手を挙げるとこやってみたり。オイラも、もちろん初SKY-HIだったけど曲は知ってるからね、ちゃんとお手本役を勝手に買って出てた(爆)
「暑い!新しい衣装で来たのにもう汗だく!」って「でも、衣装1枚潰すくらいじゃなきゃパーティとは言えないよな。」とかって。「ちょっと静かな曲を。あと2曲だから。」って「Chit-Chit-Chat」。それから「ナナイロホリデー」。ナナホリラストのナーナナってみんなで歌うやつはなし。みんなでジャンプして写真撮ったりはしたよ。
で、いったん、はけて、スカパラ出てきてすぐに呼ばれて。「俺の曲を演ってくれることになって。」って「スマイルドロップ」。SKY-HIにスカナンバーはさすがにないけどホーンが入ってるのはいくつかあるからどれか演ってくれるかな?って思ってたけど、そうきたか!って。
SKY-HIのフリースタイルラップがすごいって話から、スカパラのナンバーに合わせてインプロビゼーションでフリースタイルラップ。それから「Paradise Has No Border -SKY-HI remix-」やって。

その後、スカパラのみの続き。メンバー紹介で皆さん1人ずつ何か話すんだけど、皆さん口々に日高くんカッコイイ!って褒めちぎりまくりで、本編終了。

アンコールでも途中で呼ばれたSKY-HI、スカパラのTシャツで登場。スカパラの曲を一緒に歌って。

もう、なんつーか、久しぶりに、最高!なんて言葉が自分の中から吐き出されたよ。
期待を裏切るどころかガッツリ上回ってきたもんな、SKY-HI。AAAの面影もイメージもどこにもなくって。ダンスも、するにはするけど、SUPER FLYERSもいないしきっちりしたモノじゃなくて。ホントの意味での1アーティストとしての唯一無二の存在感っていうかな、そっちの方をすごく強く感じたな。

東スカ30周年にSKY-HIを呼んでくれて、ホントにホントにどうもありがとうございました!
だっちゃんにも、ホントにホントにどうもありがとう!

えー、AAAの8月のえふえふえふ、行きたいぞ。←そっち?(超爆)

そーいや、與さんとこのプレミアムシート並みの近さでだっちゃん、観たんだった。
最後の集合写真、本人にしか分からんヤツだけど、オイラFLYERSのリストバンドつけた左腕とその向こうに顔もチラッと、写ってた。
e0107539_22182095.jpg




by Satys_Press | 2019-05-26 22:23 | music | Trackback | Comments(0)

THE STREET BEATS 結成35周年ANNIVERSARY TOUR "ALL TIME BEATS" at Music Club JANUS #THESTREETBEATS

e0107539_21395427.jpg
あー、楽しかったー!
今回もSEIZIサン側の最前列で参戦。

まさかの「約束できない」でスタートにはビックリしたなあ。続けて「運命をあやつれ」に、あーもー楽しくないワケない!っていうね。
新旧取り混ぜまくりのナンバーに、ニヤニヤしたり(喜んでる)ニコニコしたり(誤魔化してる←)。35年解散せずに続けてるからこその、バリエーションの面白さと深さっていうかな、それが楽しいんだよ、ホント。
誰に文句もない…いや、ベースのそこはダウンピッキングでしょ!って思うところもなくもないけど、それが今のビーツ、山根英晴ってベーシストのプレイなんだ、って思えばね、悪くないとも思えるワケで。っつか山根サンは指弾きが好きだわーって思うオイラ。

比較的新しいナンバーは自分としてはさほど馴染んでなくて、でも逆にそういうナンバーほどトランスっていうかゾーンっていうか、そういう感覚に陥る瞬間があって。何も考えずに音の渦に紛れ(…いやそれはビーツぢゃなくてスライダーズの方←)てしまえるんだよね、それがなんだか心地よくて。あ、拳上げたくなったら上げるけどね、上げたい時に上げるんだよ、うん。

OKIが12弦のエレアコ抱えての「少年の日」はグッときたなあ。もちろん他にももっといろいろ聴きたいナンバーはあるにせよ、好きなナンバーを演ってくれるとね、沁みるよね。

本編ラストは「星降る夜に」!
んで、ビーツコールはオイラから。馴染むまでまたちょっと咳込みながらだったけど。
でも、ダブルアンコールの時のビーツコールは、オイラからじゃなくて済んだの、なんか安心した。

オーラスは「BOYS BE A HERO」。35年の歴史が刻み込まれたナンバー、やっぱイイ!

というワケで、チケットの取り置きをお願いしていたムタさんにご挨拶すべく待ってたら、お先にSEIZIサンが。せいちゃんの真ん前にいたんだよー、と思いつつ、ご挨拶させてもらって握手してもらったら、フワフワの手だった。ああ、皆様ありがとうございます。

さて、MCでOKI兄も言ってたようにがっつりパワーもらったんで(ムタさんはヘトヘトになってたけど、ま、当たり前ですね、ええ)、オイラは残り仕事してから帰りまーす。ぅひゃーぅ。



by Satys_Press | 2019-05-19 22:25 | music | Trackback | Comments(0)

村越弘明 TOUR2019 "Awesome!" at梅田Shangri-La #HARRY #村越弘明

あー、外の看板(いや他の言い方あるだろに)の写真撮ろうと思ってたのに、忘れたー。

さて、京都磔磔で【→コチラ】でJIMMYさんが「大阪も来てやー。」って言ってたから、すぐにチケット取って、来たワケです。

セトリは同じ。あ、タイトルわかんなかったヤツ、教えてもらったのにまた忘れた。すまぬ。

あ、ZUZUさんの「すまん!」可愛かったねー。
っつか、HARRYもなんかやたら可愛かったような気がするね。なんなの、あの、還暦なのに、可愛らしい人たち。HARRYの両手広げるパフォーマンス、可愛い過ぎるんですけど。

歌詞=言葉の詰め込み具合で、HARRYのソロナンバーかそうじゃない=スライダーズナンバーかが、分かるよね。
それに対して、ベースラインはその逆で。HARRYのソロナンバーは地味めなのにスライダーズナンバーだと饒舌になる。
なんだよ、くやしいなあ。

でもさぁ、「MAKE UP YOUR MIND」のね“訳知りの女たち/頭抱えてステップ踏みなよ”っての聴いて、あー、って思ったんだ。
いや、自分はけして「訳知り」ではなくてむしろ「訳知り顔」なだけなんだけど、ああそうだね、って。

「暑いな、大阪。」って、「レゲエを演るぜ。」って、「KING BEE BUZZIN'」がすっごい心地よくて(ちょっと詰まったのは大丈夫だったかい?)、その流れで「one day」…って思っちゃったんだけど、いやいやレゲエスカの「one day」はRUDE BONESのナンバーであって、スライダーズのヤツは全然違ってんじゃん、あああ。

「鬼かますに天狗風」の歌謡曲ロックぎりぎり1歩手前のドロドロしたスマートさとか、「Respectable Performer」や「無頼白痴」とかのイカした日本語のストレートなロックンロールも、それが今の(もしくはここ数年の)HARRYなんだから、それでいいんじゃないの、って思うんだけどなあ。

いや、もちろん、ストリートスライダーズのスタイリッシュなジャパニーズロックンロールは、今でもやっぱりスマートでクールなんだけどさ。
メインボーカルでメインライターの強み、ってヤツだよなあ。

でも、もうね、HARRYが可愛かったから、スライダーズナンバーオンリーのアンコールも、つまんねーのって思いながらも踊ったよ。だって「Toa-Lit-Tone(踊ろよベイビー)」のあとに「踊ったぁ?」なんて聞くんだもの。まったくもう。

んで、今回もダブルアンコールはなく。
その代わりの(?)グッズ購入者のサイン会はあり。
「京都でもサインしていただきました、Satyです。」って言ったら「あっ、そうー。」って。で、アンコールでHARRYが着てたTシャツの色違いにサインしてもらったよ。

帰りしなには物販にいたJAMESさんに「Midnight Sun」のベースが物足りないんですがぁぁ、って言っちゃった。「いやぁ、まあ、そーゆーコンセプトだからぁ。」って言われちゃった。「まあ、みんな、そう思ってる…」とも言ってたけど。おーい(爆)

ええ、相変わらずHARRY本人には何も…ケンカ売れずじまいでしたよ、さすがにねー。

とりあえず、いろいろ感じながらだけど、いろいろ考えたりしないで楽しんだら、いろいろ気分的にリフレッシュ出来たよ。
Thank you, HARRY!
(MCでのthの発音、めっちゃネイティブっぽかったよ、HARRYさん。)
e0107539_23012503.jpg


by Satys_Press | 2019-05-17 23:08 | music | Trackback | Comments(0)
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ

髑髏城の七人
検索

1990年代後半に一部地域でのみ配布していたフリーペーパー“Saty's Press No.Ф”、ブログ版にて復活です。
by Saty
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
フォロー中のブログ
最新のコメント
> 参考にしてもらえた..
by Satys_Press at 22:15
>りっちゃん レス遅くな..
by Satys_Press at 21:08
木造校舎の一階の廊下が老..
by りっちゃん at 10:47
>りっちゃん 金曜にコ..
by Satys_Press at 23:03
懐かしいな~、私のときと..
by りっちゃん at 15:31
>星空ちゃん ありがと..
by Satys_Press at 23:28
おめでとうございます! ..
by 星空 at 22:59
>星空ちゃん お!そん..
by Satys_Press at 09:11
関東版桜餅・・・あるって..
by 星空 at 06:15
> お。興味持ったかい..
by Satys_Press at 23:15
最新のトラックバック
奥歯抜歯 奥歯の抜歯について
from 奥歯抜歯 奥歯の抜歯について
さらばサントラ愚連隊第0..
from INTRO
次世代ワールドホビーフェ..
from 星屑の流星群
THE BAWDIES ..
from Nowpie (なうぴー) ..
はなまるマーケット カル..
from なんとかなるさ!
仮面ライダー電王検定
from 英雄日和
『ブラッディ・マンデイ』..
from 『ブラッディ・マンデイ』私設..
じっけーん♪ケンもちアサ..
from Saty's Pre..
水泳教室中級 番外編
from いなかもの
学習机
from 学習机
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<空>